初心者向けのまとめページ

シェアする

初心者さんようにまとめページを作りました。

どんなゲーム?

キャラメイクがこれる

パーツの種類もさることならが、

個々のパーツの長さや配置などを、

細かい数値で微調整することができます。

スマホゲームでこのカスタマイズ性はかなり高いと思います。

アクセサリの自由度が高い

ステータスとは別にアバター装備することはもちろんのこと、

頭とアクセサリ枠2つの位置・回転・大きさを細かく変更できます。

髭や尻尾を2つ使って羽根のように見せたり、

モンスターのような格好にしたりと自由度が高いです。

可動域が若干狭かったり、

アクセサリ枠はすくないと感じることもありますが、

十分に個性を出すことはできます。

ソロモード

1エリアには最大50名?入ることができますが、

それとは別に、自分一人しかいないワールドに移動することもできます。

YOME

常にプレイヤーの後ろを歩くキャラの存在が特徴で、

YOMEもプレイヤー同様にキャラメイクができます。

YOMEは他人には見えませんが、

ソロモードとYOMEで、まったり撮影したりすることができます。

キャラメイクと名前は変更できる

キャラメイクはし直すことができます。

(性別も変更可能です。)

名前に関しても変更可能です。

ただし、両方とも賢者石(課金)が必要になります。

リセマラについて

ガチャまで20分

20分弱ぐらいで初期シリーズの武器ガチャ11連を引くことができます。

(クエスト9話)

ただし、初めに自分とYOMEのキャラメイクをしないといけないため、

それぞれパラメータを覚えておかないと時間が非常にかかります。

UR確定ではない

このチュートリアルガチャではURが確定ではありません。

SRとURでは圧倒的な差があるため、

以降を楽に進めるためにも最低1本は所持しておきたいところです。

通常のガチャはできない

スタートアップキャンペーンなども無いため、

通常ガチャをやるためには、

ストーリーや実績をだいぶ進めて、

石を手に入れるしかありません。

キャラメイクもあり、

リセマラ向きなアプリではありません。

当たりは 両手斧、杖

A評価

  • 両手斧

それぞれ物攻、魔攻が一番高いので後々も使えます。

B評価

  • 片手剣
  • 短剣

それぞれ専用スキルが使えます

C評価

  • 両手槍
  • 両手剣

専用スキルはありますが、

あまり使い勝手が良いものではありません。

盾は武器ではないので初期装備としては評価が低いです。

D評価

  • 片手斧

ガチャについて

大きく武器と防具に分かれています。

攻撃力を上げたければ武器ガチャ、

衣装がほしければ防具ガチャです。

基本的に新しいシリーズが出るたびにより強いステータスになります。

武器ガチャ

武器ガチャは今戦闘で困っていなければ、

やる必要はありません。

※拳武器以外は戦闘中以外表示されません!
 種類も多いため狙うのはなかなか大変です。

防具ガチャ

防具ガチャは衣装が欲しい場合はガチャって手に入れるしかありません。

ガチャアイテムはトレードなどすることができません。

(結構再販はされます)

課金するなら

「魔物ちゃんのミラクルセット」は買いましょう。

720円で20日間で3000石もらえます。

このセットは20日後、また買うことができます。

他のを買うよりお得です

染色について

基本的に防具は色を変えることができます。

ただし、思ったほど色が変わる箇所はすくないです。

全体的な色味のイメージが変わるほどではなく、

本当に一部のワンポイントだけ変わります。

(画像の場合、うさぎの腹巻きの横についてるアクセの水色の部分)

下衣によってはパンツの色も変わります。

染色アイテムは自分で作るか市場で買えます。

ハウジングについて

自由度

部屋のサイズは20x20x20で、

マインクラフトの用に様々なブロックを配置して、

家をまるごと作ることができます。

そのため自由度がかなり高いです。

いろいろ作れる

アスレチックや迷路、撮影会場や集会場など、

様々なものを作ることができます。

ボンドについて

メリットは特になし

いわゆるギルドみたいな位置づけですが、

2018/05/27現在、ボンドに特別なイベントやメリットはありません。

ただしデイリーミッションでボンドに寄付する物があるので、

自分で作るかして最低限一つに所属することをおすすめします。

複数に加入できる

一般的なギルドと違って複数に所属できます。

ボンドの機能

専用のワールドと掲示板、ボンドチャットができるだけです。

複数に加入できますので、

ざっくりいうとグループチャットです。

加入の仕方

活発に活動しているボンドもたくさんあるので、

ゲーム内の募集掲示板か、

ツイッターなどで参加を希望するのが良いと思います。

ユーザー企画

上記のようにシステム的にボンドでなにかできるわけではないので、

基本的にユーザー企画のイベントでワイワイやるイメージです。

パーティーについて

アルストではパーティがありません。

2018/8/15よりパーティチャット機能が追加されました。

あくまでチャットのみなので、

戦闘は全て乱入型になります。

ダンジョンについて

パーティを組んでガッツリダンジョン攻略というものがほぼありません。

エンドコンテンツの「時渉りの塔」が99Fまでありますが、

上記の通り戦闘システム的なパーティやマッチングがないため、

基本的にボンドやフレンドとのイベントの一部として塔攻略をするイメージです。

釣りについて

アルストにも釣りがあります。

まったり魚を釣ったり、

その魚を交換してアクセサリにしたりできる他、

運営イベントで釣りコンテストがたまに開催されます。

釣り開放

なお、釣りは

  • 「クエスト師匠の出会い」
  • 「クエスト師匠の迷い」
  • 「クエスト師匠の躊躇」
  • 「楽しき釣りライフ」

をクリアしないとできません。

序盤の攻略

ストーリーの敵は弱めなため、

あまり困る機会は少ないと思います。

また、ストーリーではほとんどレベルが上がりません。

レベル上げ

効率の良いレベル上げ」」に書いてあるようにすれば、

ぐんぐんレベルが上がるため、

小一時間ほどやってから、

ストーリーを進めるのが良いかと思います。

ジョブ

初期は戦士がオススメ

初めに選ぶのであれば、

物理攻撃特化の戦士が一番無難です。

ただ出た武器や、好みで決めても良いかと思います。

目標は40レベル

スキルやパラメータは全ジョブで効果があるため、

強くなるためには結局全ジョブレベルを上げることになります。

特に40レベルまででそのジョブのスキルをぜんぶ覚えるので、

ひとまず40を目標に上げていくのが良いです。

40から急にレベルが上がりにくくなりますが、

3倍モードであれば5時間ほどでレベルマックスにできるぐらいの経験値量です。

スポンサーリンク
記事本文(h2)
記事本文(h2)

シェアする

フォローする